コインチェック とLiquid by Quoine比較!早速取引所でリップル(XRP)購入してみたよ!

リップルはお宝
こんにちは! 投資で全てプラスにしてきたヒデです^^雨の日は憂鬱になります。やはり晴れの日の方がテンション高めですね! 今日もよろしくお願いします!

 

つもり貯金ならぬ、つもり貯リップルで年間いくら節約できるのか!?企画の進捗です。ちなみに

で、ある日ふと思ったのです。例えば、一杯100円のセブンコーヒーですが、100円あれば2019年1月時点で、約3リップル買えます。

将来うまくいって 1リップル 1万円になったとしたら、3万円。。。

コーヒー 一杯3万円かよ〜!!(笑)

コーヒー飲むより、リップル買った方がいいんじゃ。。。

将来1リップル=1万円になるなら浪費も我慢できる!!!

 

そういうところから始まった企画です!

Liquid by Quoineにて取引開始いたしました! 今日は登録までの日数と実際の使用感。コインチェック との比較などを中心に話していこうと思います! よろしくお願いします。

 

Liquid by Quoine 登録までの流れ

個人口座と法人口座がありますが、私は個人なので当然個人口座に登録しました。

条件として

  • 日本に在住の事
  • 一人1口座のみ作る事ができる

が前提ですね。ヘルプのページには動画で手続き方法が説明してあってとてもわかりやすです!

メールアドレスの登録は Gmailなどwebメールを推奨のようです。携帯キャリアのメールだと受信できない事があるようです。

 

必要な本人確認書類は私の場合はパスポートで行いました。

  • 顔写真のあるページ
  • 所持人記入欄
  • バックが無地の自分の写真(自宅の壁の前でスマホで撮影しました。)

の写真3点をブラウザにアップロードして行う方法で登録しました。全部スマホでの撮影。これで問題ありませんでした。この点はコインチェック も大差ありません。似たような感じです!

この後確認ハガキが届きます。これもコインチェック と変わりませんね。同じでした!

本人が受け取る必要がありますので、不在の場合再送してもらうか、自分で取りに行くかになりますが、私はラインサービス”ぽすくま” で再送手続きしました。こんな便利なサービスがあったなんて(笑)知りませんでした! 自動返信で手続きできるのでぜひ使われてはいかがでしょうか?

 

準備が整ったところで早速リップルを取引するのですが、まずは自分の口座に日本円を入金する必要があります。

銀行振込とクイック入金とがありますが、私は “クイック入金” でネット銀行から振込みました! 具体的には

コンビニ(30万円まで)・Pay-easy(100万円まで)・ネット銀行(100万円まで)での振込が可能で、手数料0円です。

ここ、重要ですね。手数料0円

コインチェック だと手数料が発生します。10万円振り込むと1000円取られます。

将来的に値が上がることを考えると微々たるものかもしれませんが、やはり手数料はないに越したことはないので。。

さて、入金し終わったら早速取引画面で、取引するのですが、現物取引とレバレッジ取引があります。

レバレッジについてはこちらの記事で書いています。基本は通常のFXと同じで25倍までとなっています!

積立FXのロスカットと追証のリスクはどれくらいあるのでしょうか?

現物取引とは例えば、1リップル=1万円の時、現金1万円で1リップルを購入という流れになります。

所有通貨はウォレットで確認できます。

こんな感じで表示されますね。

早速、1万円分購入してみました^^

 

画面表示はアプリも含めて以下のコインチェック の方が見やすいですかね。

これは好みでしょうね。

節約!節約!

以下はスタバの支払いで、2018年12月が2385円だったのですが、2019年1月は1004円に抑えています! 約半分!! 3000円はオートチャージ機能での入金です。

    

 

これ以外にもセブンコーヒーや衣料品など、リップルリップル思いながら購入を我慢しています(笑)

やはり100円が3万円になるかと思うとモチベーションが違います(笑)

この調子で節約できるものはどんどん切っていこうかと思っています!!

 

でも本当にリップル1万円になったらいいな〜(嬉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください