東証1部へ市場変更間近か? 先回りして収益を得る方法。指定条件の確認編 イベント投資を実践検証!!

先回り投資で大きく稼ぐ その手法とは?
こんばんは! 投資で全てプラスにしてきたヒデです^^ 。 本日もよろしくお願いします! 

東証2部から1部に市場変更するには以下のような条件を満たす必要があります。公開された情報だけである程度推測できる数値もありますので、ご紹介します。

もちろんこれだけではなくて、虚偽の記載がないか、などの審査基準もあるのですが、それはわかりようがないので。。。

こういったものを把握することで、市場変更が可能になった時点ですぐ実行するのではないか? などの予想がたつわけですね。

今日はオーウエル(7670)という銘柄を分析します。

業種は卸売業で、塗料関連の商社です。

条件を満たしているか? 割安か?について書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2部から指定替え基準
株主数2200名以上
流通株式数2万単位以上
流通株式時価総額20億円以上
流通株式数(比率) 35%以上
時価総額40億円以上
最近2年間の利益の額の総額5億円以上
連結純資産の額10億円以上

オーウエル (7670) 2部上場 2018/12/13→昇格可能年月日 2019/12/13以降

上場条件の確認

  • 株主 2,500名
  • 時価総額 69億4千万円

この2つに関しては条件を満たしていますね。

流通株式数については、次の3つの情報が必要です。

  • 自己株式数
  • 役員とその親族等に関連する保有株式
  • 10%以上の大株主の保有株式

まず自己株式数は、最新の有価証券報告書等法定開示資料をみると、156,900株と記載があります。

役員とその親族に関連する保有株式は、役員に関しては上場時の有価証券報告書に記載があって、合計177,000株とあります。株主の状況をみると、役員以外の個人名もありますが、親族かどうかは判断できなかったので含めません。

10%以上の大株主の保有株式は社員の持株会が13.7%で、1440000株。

発行済み株式数 10,500000株−156,900株 -177,000株−1440000株=8,726,100株÷100(単元数)=8,7261 

となり、9万単位くらいありますので、2万単位以上をみたしていますね。

 

流通株式数(比率)は、

8,726,100÷10,500000×100=83%

となり、35%以上を満たしています。

流通株式の時価総額も、57億円以上あるので、条件の20億円以上をクリアしています。

その他項目も、数字的な条件は満たしていますね。

すでに条件を満たしているためか、株主優待はありません。

今後に期待ですね。

指標の確認

  • PER 6.31倍
  • PBR 0.39倍
  • 自己資本比率 38.95%

割安ですよね。

チャートも下降トレンドから横ばいになりかけていて、今から上がっていきそうな形になっています。

これはちょっと興味ありますね!

ではまた^^

にほんブログ村 株ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください