イベント投資で稼ごう!!ずっとつかえる!上場のサインを見抜く方法 会社の内情を知って仮説を立てて先回り投資ででかい利益をゲット!

上場のサインを見逃すな
おはようございます! 投資で全てプラスにしてきたヒデです^^ 。 本日もよろしくお願いします! 

今回は、ミダック (7670)という会社の分析をします。以前もとり上げましたが、概略だけだったので、もう少し詳しくみていこうとおもいます。

今回の方法はこの銘柄に限らずほかの銘柄でも使えますので、タイトルでずっとつかえる! と少し大げさにいっていますが、何年も前からやってる人はやってる定番の手法なので、よっぽどルールが変わったりしない限り使えるんじゃないでしょうか?

ところでこの会社は、主に産廃などの処理を行っている会社です。67年という歴史のある会社です。すごいですね!

ではよろしくおねがいします!

2部から指定替え基準
株主数 2200名以上
流通株式数 2万単位以上
流通株式時価総額 20億円以上
流通株式数(比率)  35%以上
時価総額 40億円以上
最近2年間の利益の額の総額 5億円以上
連結純資産の額 10億円以上

 

ミダック (7670) 2部上場 2018/12/21→昇格可能年月日 2019/12/21以降

※12月21日は土曜日なので、前倒しになるか、後になるのか調べたのですがわかりませんでした。調べ方が悪いんですね^^;ご了承くださいな。

上場条件の確認

  • 株主 666名(19.3)未達!
  • 時価総額 159億4千7百万円

時価総額に関しては条件を満たしていますね。

流通株式数については、次の3つの情報が必要です。

  • 自己株式数
  • 役員とその親族等に関連する保有株式
  • 10%以上の大株主の保有株式

まず自己株式数は、最新の有価証券報告書等法定開示資料をみると、185,100株と記載があります。

役員とその親族に関連する保有株式は、役員に関しては上場時の有価証券報告書に記載があって、合計501,500株とあります。専務取締役熊谷裕之の二親等以内の血族2名(1名は10%以上保持)と合わせて1,427,500株

 

発行済み株式数 3,324,000株−株 -185,100株−1,427,500株=1,711,400株÷100(単元数)=17,114

となり、2万単位以上まで3,000単位くらいたりません。未達

流通株式数(比率)は、

1,711,400 ÷3,324,000×100=51.5%

となり、35%以上を満たしています。

流通株式の時価総額も、27億円以上あるので、条件の20億円以上をクリアしています。

その他項目も、数字的な条件は満たしていますね。

つまり、3月の時点では株主数と、単元がたりませんでした。

さて、そのどちらも増やすにはどうしたらいいでしょうか?

株式分割と、株主優待の新設または拡充が鉄板です。

9月に株式分割(株数が3倍に)、2020年の3月から株主優待制度の導入が決定されました。

株価が1/3になって買いやすくなるため株主が増えやすくなるのと、流通株式数の条件をこれだけでクリアできますよね。

株主優待も人気があるので、さらに株主を増やしやすくなります。

指標の確認(現時点)

  • PER 26.25 倍
  • PBR 6.68倍
  • 自己資本比率 24.57%

そんなに割安感はありません。成長率から考えても割高ですね。あと借金が多め。

しかし、チャートは順調に駆け上がっています(笑)

ちょっとこわいですねこの銘柄。

投資した分のリターンがそんなに大きそうじゃないじゃないですか? ネットビジネスとかだとレバレッジがきいてリターンが何倍にもなりやすいけど、設備投資も大変そうだし、どうなんでしょうか?

ではまた^^

※投資は自己責任でおねがいいたします。

にほんブログ村 株ブログへ ポチお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください