仕事と子育ての両立支援への実績が豊富なアバールデータ(6918) 自己資本比率80%を目標値に設定する優良企業。

半導体
こんばんは! 投資で全てプラスにしてきたヒデです^^ 。 本日もよろしくお願いします! 

昨日に引き続き、スクリーニングの条件を、有利子負債自己資本比率と、ROE(自己資本利益率)(%)にした結果です。

有利子負債自己資本比率 = 有利子負債(利息つき借金)÷自己資本(返済の義務がない会社のお金)×100

ROE(自己資本利益率)(%)= 当期純利益÷自己資本×100

これを言い変えると、借金をあまりせずに、手持ちのお金を上手に使って効率よく利益を生み出している。ということになります。

設定はそれぞれ

  • 有利子負債自己資本比率 0~1%
  • ROE(自己資本利益率)(%) 10~50%

となっています。数を絞り込むためかなり低め、または高めの設定にしています。

アバールデータ (6918)  JQ

半導体製造装置や産業用ロボットなどの組込分野、画像入力・処理モジュールの開発を行う会社

HPトップに「プラチナくるみん」の認定、健康優良企業として、健康保健組合連合会東京連合会より「銀の認定証」を受ける。とあって、なんだろ? とおもって調べてみたら次のような事のようです。

  • 「プラチナくるみん」とは、次世代育成支援対策推進法に基づき、「くるみん」認定を受けた企業のうち、より高い水準の取組みを行った企業が認定を受ける制度。例えば女性が仕事をしやすい環境作りとかそういう事ですね。

 

  • 「銀の認定書」とは社員の健康に関して、しっかり管理したと認められたということらしいです。

ほかにも、各種募金活動、災害復興活動等積極的に行っているようですね。

こういう企業は外から見ても好感度が高そうですよね。

財務的にも、自己資本の60%以上にあたる換金性の高い資産と現金があるし、有利子負債(利子を付けて返さなくてはならないお金)も少ないし、自己資本比率も80%越えだし(会社の方針)

 

半導体関連が新規設備投資の後倒し(計画の先延ばし)のため 減収となっていますが、いずれ盛り返してくる気がします。

その他の事業は需要等回復基調にあるということなので、大丈夫そうです。

指標的にも、PER10.36倍 PBR1.05倍と割安ですし。

見た目全く問題ない健全な会社ですね。ただ、株主優待はありません。

そこらへんが一般受けしない理由ですかね?

時価総額も140億円弱と大口の機関投資家が手を出せない100億円以下は超えていますが、まだ放置されてるようです。

個人的に全然買ってもいい銘柄ですね。

ではまた^^

にほんブログ村 株ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください